口輪・リードない犬に罰金、ペット用品に特需

(c)Dan Tri

飼い犬に口輪やリードをつけずに散歩した飼い主に対して罰金を科す法令が9月15日に施行されたことで、ペット用品店が並ぶハノイ氏チュオンチン通りには特需が訪れている。
新政令90/2017/ND-CPは、公共の場に口輪や首輪、リードを付けていない犬を連れ出した飼い主に60万ドン(約2,900円)~80万ドン(約3,800円)の罰金を科すことを規定している。
チュオンチン通りでペット用品店を営むチャン・ティ・リーさんは16日、「政令ができる前は口輪は1日数個が売れる程度だったが、15日以降の売れ行きはそれまでの2~3倍」と新法令による特需を語る。
別の店のルオン・ドゥック・リンさんによれば、口輪には多くの種類があり、大きさや価格もさまざま。価格は5万ドン~12万ドンで金属製の方がプラスチック製より高い。
新政令については多くの人が賛成している。チュオンチン通りのペット用品店を訪れていたグエン・カイン・ホアンさんも新ルールを支持する。ホアンさんの飼い犬は「とてもおとなしいが、それでも他人に迷惑を掛けないために口輪を買う」という。
政令90/2017/ND-CPによれば、公共の場所で放し飼いにする行為のほか、飼い犬・飼い猫に狂犬病の予防接種をしていない場合にも罰金が科される。また捕獲された犬に72時間以上、引き取り手がいない場合は処分される。
都市部や公共の場で放し飼いのペットが人に被害を与えた場合は10万ドン~100万ドンの罰金、飼い犬により他人にケガなどをさせたり、物的被害を与えたときは賠償が求められる。
(16日付ザンチー)
http://dantri.com.vn/xa-hoi/ro-mom-cho-dat-hang-truoc-quy-dinh-xu-phat-moi-20170916130755001.htm