モンスターペアレンツ、教師に土下座強要

(c)Nguoi Lao Dong

ベトナムにもモンスターペアレンツが出てきています。教育環境は急速に変わってきています。

南部メコンデルタ地方ロンアン省の小学校で、女性教諭がルールに従わない生徒たちを捕まえて膝まづかせて謝らせたことで、一部の子どもが学校に行くのを怖がるようになったところ、父母らが学校に押しかけて教師を土下座させた。
3月4日午後、同省ベンルック郡ニュットチャイン村ビンチャイン小学校のフイン・コン・ソン校長が明らかにした。ソン校長は既に事件をニュットチャ村やベンルック郡教育室にも報告しており、郡当局が調査に乗り出している。
同小学校のニョン教諭の教育方法に怒った4人の親が2月28日、学校に押しかけて「ニュン先生のやり方は行き過ぎている」と騒いだ。ニュン教諭は誤りを認め、謝罪した上で再発防止を約束した。ところが一人の親が収まらないため、「ここで膝まづきます」と言った。
同席していたソン校長は父母に謝るとともにニュン教諭の処分を約束した上で、ニョン教諭に「土下座は不要」と言って立ち去った。しかし、親からさらに要求されたため、ニョン教諭は4人の前で土下座をした。目撃した他の教諭によれば、「親が満足が行くように土下座せざるを得なかった」という。
事件を聞いた父母会の代表は、「生徒や親の間では動揺が広がっている。ニョン先生は着任したばかりで、前任のルオンビン郡ルオンビン小学校での評判はよかった。先生の教え方は少し厳格だが、土下座は前代未聞」と驚いている。
父母会は3月2日、会議で事件の原因究明をする方針を決めた。またソン校長によれば、双方ともに責任を認め、互いに謝罪することになった。
(3月4日付ヌオイラオドン)
https://nld.com.vn/giao-duc-khoa-hoc/giao-vien-phai-quy-goi-xin-loi-phu-huynh-20180304153701467.htm