子どもの成績をSNSで自慢する親たち

(c)Vietnamnet

プライバシーに対する意識が全般に緩いので、とてもありがちです。

2017年度の学習年度が修了し、多くのベトナム人の両親たちが例年通り、子どもの成績をSNSに投稿して自慢する時期になった。しかし専門家は「賢明でない」と警告している。
ブイ・トゥー・トゥイさんは総合成績で9.2点を取り学校から「優秀賞」を受賞した。しかし、母親がフェイスブックにトゥイさんの成績について投稿し、「娘を誇りに思う」と書いたことに不満を持っている。トゥイさんほど成績がよくない親友のフオンさんを悲しませてしまったからだ。最終的にトゥイさんは母親を説得してフェイスブックの投稿を削除してもらった。
教育省児童保護庁のグエン・ティ・ガー副長官は、子どもの成績を見せびらかすことは賢明ではないとする。「ほかの生徒や親を傷つけるからだ」。
児童保護庁は「シェアする前に考えよう」キャンペーンを立ち上げ、子どもへの影響をSNSに投稿する前に熟慮するよう呼び掛けている。
公安省の犯罪学者ダオ・チュン・ヒエウ氏も、SNSで子供の個人情報を掲載することは「誘拐や児童虐待を助長する」と警告する。
ハノイ教育大学のブー・トゥー・フオン氏は、子どもの同意なく生徒の作品を公表することを禁じる規制が「我が子はよくやった病」を止めることになると指摘する。2017年6月1日施行の児童法は、7歳以上の子どもの個人情報を公開する際に子どもに相談することを義務付けている。
(6月12日付ベトナムネット)
http://english.vietnamnet.vn/fms/education/202155/vietnamese-parents-show-off-children-s-achievements.html