ゴミ捨てルール破る住民、顔写真さらされる

(c)Vietnamnet

中部高原の地方都市で、ゴミ捨てルールを守らない住民の写真や住所が何者かにより横断幕でさらされました。やり過ぎだと非難されています。

ダクラク省ブオンメトート市エムタム街区人民委員会のファム・タン委員長は6月20日、市サムブラム通りの壁に横断幕がかけられ、不法投棄をしたとされる住民の個人情報が一時さらされたことを認めた。タン委員長は、横断幕が張られたという知らせを受けてすぐに除去させた。
それに先立ちフェイスブック上では、不法投棄をしたとされる住民の氏名、年齢、住所、写真が書かれた大きな横断幕の写真が投稿されて話題を呼んでいた。横断幕には6月14日午前7時45分にごみを捨てたとされるQさん(84歳)の写真と同日午前9時に他人の家にごみを捨てたとされる女子学生Lさんの写真が掲載されていた。
写真が投稿されるとすぐに数千件のコメントが寄せられ、何度もシェアされた。多くの人は心無いごみ捨てに憤りを示しつつも、公共の場所で他人の写真や名前をさらすことに反対した。
タン委員長によれば、街の三叉路、交差点でそれぞれゴミ箱が置かれている。しかし一部の意識が低い人がごみをポイ捨てしている。「住民は午後3~4時に収集場にごみを持ち込んで収集車が運び出すルールだ。犬や猫があさらないようにするためだが、時間通りにごみを捨てない人もいる。だからといってさらし者にするような行動はとるべきではない」。横断幕を掲げた人はまだ確認できていないという。
ダクラク省弁護士協会のタ・クアン・トン副会長は、他人の写真の利用には同意が必要。同意がなければ、プライバシー侵害として法令違反になる。
(6月20日付ザンチー)
http://dantri.com.vn/xa-hoi/xon-xao-tam-bang-ron-beu-hinh-anh-ten-tuoi-nguoi-xa-rac-20180620152125304.htm