ゴム農園で土地紛争、住民数百人が占拠

(c)Dan Tri

コントゥム省人民委員会は27日、コントゥム市内で6月末から発生していたゴム農園の村民らによる不法占拠について記者会見で経緯を説明した。コントゥム・ゴム社が経営する農地の返還を求めて300~400人の村民が違法占拠していたが、24日に強制排除された。
事件はコントゥム市イアチム村プレイサー村落とラムトゥン村落で発生した。6月30日に2村落の村民が、ロープや杭などを持ち寄り、テントを設営して、土地返還を求めて占拠を開始した。報告を受けた省人民委員会はコントゥム市を指示して、住民の説得にあたり、違法な占拠やテントの解体を求めた。また農地を持たない村民は、当局に支援を求めるよう指導したが、村民らは居座りを続けた。
当局が7月24日に強制撤去に踏み切ると村民らは激しく反発。攻撃をしかけてきたため、市側は実力行使で排除した。その後、住民らは解散し、現在は状況は安定しているという。
コントゥム市のフイン・タン・フック人民委員長は、「本当に農地がなくて困っている村民については、土地の配分を申請するよう伝えてあるが、現時点で16件しか受け付けていない」と説明した。
村民らはコントゥム・ゴム社が経営する210ヘクタールの農地返還を求めた。しかしコントゥム・ゴム社側は、「1985年に天然林を開墾してゴム農園にした土地で村民とは何ら関係がない」と主張している。(27日付ザンチー)
http://dantri.com.vn/xa-hoi/hop-bao-khan-vu-hang-tram-nguoi-tu-tap-doi-dat-o-kon-tum-20170728082012458.htm