ドンナイ川沿い開発事業、環境問題で停止

(c)Dan Tri

天然資源環境省は、ドンナイ川沿岸都市開発・景観改善事業について、開発による水害リスクの増大などへの懸念から一旦停止する措置を発表した。ドンナイ省人民委員会が具体的な対応策を策定するまで開発は棚上げとなる。
同事業は、ドンナイ省人民委員会が2013年と2014年の二度にわたって承認した。2014年9月からはトアン・ティン・ファット社が整地を進めていたが、省人民委員会は2015年3月、工事の停止を指示し、首相府も関連省庁やドンナイ省人民委員会に問題の処理を求めた。
環境省は2016年始め、決定162/QD-BTNMTを発表し、環境影響評価報告書の見直しを決めた。これに伴い、水資源や水門、治水、土砂、環境、生態系の専門家ら20人からなる専門家委員会が改めて調査を行った。
環境省が2017年1月12日に開催した会合で、専門家委員会はドンナイ川の沿岸開発が環境に与える影響について、より具体的かつ現実的な対応が必要と結論づけた。さらに専門家委員会は、ドンナイ川の保全のために水源法の規定に従い 10メートル以上の緑地帯を設計に追加するように提案した。また川の保全とともに、都市景観も維持するように求め、首相が承認したビエンホア市の都市計画に適合させることが決まった。
天然資源・環境省は、水流や河岸浸食、堤防などに事業が与える影響に関する専門家委員会による評価を3月23日に首相府に報告した。
これを受けてチン・ディン・ズン副首相は7月18日、公文書7509/VPCP-NNを通じて環境省に対して、専門機関を指揮して、農業・地方開発省や交通運輸省、建設省の意見をとりまとめ、ドンナイ川への影響を改めて算定するように求めた。農業省は過去の歴史的な洪水被害を考慮することなどを既に求めている。
環境への影響に対する対応は、法令に従ってドンナイ省人民委員長が決定し、責任を持つことになった。環境省は、省人民委員会による水流の保全や洪水・河岸浸食の防止、ドンナイ川の水資源保護といった措置を監督することになる。(11日付ザンチー)
http://dantri.com.vn/xa-hoi/tiep-tuc-dung-du-an-lan-song-dong-nai-20170811152458145.htm