ハノイ市内に高さ6mのゴミの山、建設工事で

(c)Dan Tri

ハノイ市タインスアン区クオンディン地区で、レンガや石灰モルタル、コンクリートなどからなる大量の建設廃棄物の山が形成され、交通の妨げになるとともに環境汚染を引き起こしている。貯水池の整備工事から出た建設廃棄物によるもので、高さ5~6メートル、幅数十メートルにも及ぶ。
廃棄物はブイスオンチャック通りの住宅に近い脇道沿いに投棄されている。レンガや石灰、コンクリートが道路にあふれ出して交通の妨げになっている。
住民によれば、ダンプカーにより建設廃棄物が運び込まれたという。さらにダンプトラックが行き交ったことで道路の表面は凸凹になり、雨が降るたびに道路は泥だらけでバイクのスリップが起こりやすくなっている。建設廃棄物の他に、生活ゴミも捨てられており、ひどい悪臭で市民生活に影響を与えている。また排水路に隣接しており、水の汚染も引き起こされている。
大量のゴミの山は、ハノイ市上下水・環境投資建設工事管理委員会が進めるクオンチュン第1貯水池の整備工事から出されている。管理委員会は投棄をやめて6月中に廃棄物を片付けると約束していたが、実施されないままになっている。
(27日付ザンチー)
http://dantri.com.vn/xa-hoi/ha-noi-dong-rac-thai-khong-lo-xuat-hien-gan-khu-dan-cu-20170827070549472.htm