プラごみ、ベトナムは世界最悪水準

(c)Vietnamnet

世界的な流れを受けてベトナムでも規制の強化が進むと思います。

2015年に科学雑誌で発表された研究論文ではプラスチックごみが最も多い5カ国のうちベトナムは4番目で、年800万トンを廃棄している。
フランスの環境学者エミリー・ストラディ―氏らが2年前からサイゴン川のサンプル調査を1年半にわたり実施した結果、プラスチックによる汚染は欧米諸国の1000倍に上った。
プラスチックごみは海鳥や魚の体内に入り、生態に影響を与える。また魚の体内だけでなく水や空気中にも微量のプラスチックが確認された。
ホーチミン市では毎年250,000トンのプラスチックごみが出ており、うち19.2%の48,000トンは埋め立てられている。残る20万トンはリサイクルか投棄されているが、リサイクルが進んでいない
プラスチックごみ問題には多くのベトナム人の関心が薄く、世界自然保護基金(WWF)によればフーコック島のホテルなども宿泊客の理解を得るのが難しいとして協力的でないという。
(7月18日付ベトナムネット)
http://english.vietnamnet.vn/fms/environment/204133/vietnam-plastic-waste-among-highest-in-world.html