中部で保護林が伐採、100立方メートル

(c)Dan Tri

森林を保護しようとしていますが、違法伐採がとまりません。

1月に明らかになった中部クアンビン省トゥエンホア郡タインホア村の保護森林の伐採について調査の結果、伐採した材木は当初言われていた50立方メートルを上回る96立方メートルに達することが分かった。
同郡幹部が3月7日に明らかにしたところによれば、1月末に伐採された保護森林の材木量について同郡は改めて調査した。材木はクアンビン省とハティン省の省境で切り倒されたが、まだ運び出されていなかった。
調査の結果、伐採された材木は96立方メートルで、当初言われていた50立方メートルを上回った。トゥエンホア郡当局は、住民を雇ってザン川上流のケーヌン森林保護所に運んだ。運搬費用は1立方メートル当たり550万ドン(25000円)だった。
クアンビン省人民委員会は3月6日、トゥエンホア郡人民委員会が関連当局を指示して現場を保全し、証拠を回収するよう指示した。さらに農業・農村開発局に対しても、省森林保護支局を指導して、郡森林保護局が郡公安と協力して調査や証拠保全を行えるよう求めた。
トゥエンホア郡は1月21日、保護林のパトロールを行う合同組織を立ち上げた。同組織が、市場価値が高価な材木が大量に伐採されているのを発見した。材木は多くの場所で伐採され、タインホア村に収集されていたがまだ運び出されていなかった。当局はまだ集中調査を続けている。
(3月7日付ザンチー)
http://dantri.com.vn/xa-hoi/vu-pha-rung-phong-ho-tai-quang-binh-gan-100m3-go-bi-don-ha-20180307193938238.htm