「大事な部分」に指輪、取れなくなり手術

(c)vnexpress

同じようなニュースは世界各地で聞かれます。しかし元気な68歳です。

68歳男性が性的快感を高めるために性器にリングをはめたが、取れなくなり手術で外された。ティエンザン省総合病院の医師らは、患者の恥部からペンチを使って指輪を外した。
男性は1カ月前から自慰行為の最中に指輪の利用を始めたが、次第に痛みが出始め、炎症も起こした。病院によれば、指輪やイアリング、金属のボールをペニスにつけて性的快感を高めることは、炎症や深刻な症状を引き起こすリスクがある。指輪が取れなくなり性器を切り取らざるを得なかった男性もいるという。
(5月10日付VNエクスプレス)
https://e.vnexpress.net/news/news/gold-ring-removed-from-man-s-penis-in-southern-vietnam-3747776.html