カフェ大手、創業者夫婦が泥沼の離婚劇

(c)Zing

チュングエン・カフェといえば、スタバなど外資の進出までは圧倒的な存在感を持つベトナムのカフェチェーン。最近、勢いがなくなったようにみえるのは、夫婦の仲たがいが影を差しているのでしょうか。

ホーチミン市人民高等裁判所は2月7日、チュングエン・カフェ・グループのレー・ホアン・ジエップ・タオ氏(副社長)と、同グループおよびダン・レー・グエン・ブー氏(社長、タオ氏の夫)の控訴審の審理を開始する。
ホーチミン市人民裁判所は2017年9月22日、第1審でチュングエンによるタオ氏の常任副社長解任の決定を無効とし、同氏の副社長としての地位を回復するよう求める判決を下した。同裁判所はまた、夫のブー氏は、タオ氏によるチュングエンの経営陣への復帰を妨げることはできないとした。
だが判決を不服とするブー氏と会社側は10月10日、引き続きタオ氏の副社長解任の決定は有効として控訴した。
ベトナムの「カフェ王」と言われた夫婦の紛争は3年以上にわたり世間の注目を集めてきた。チュングエンは1996年に夫妻が創業し、20年にわたり共同で経営してきたが2015年4月、ブー氏は突然にタオ氏を副社長から解任した。
ホーチミン市人民裁判所は昨年9月、タオ氏が副社長に復帰できるような判断を下したが、タオ氏はまだ経営に戻れていない。
さらに夫妻は裁判で離婚も争っている。夫婦は「チュングエン」や「G7」のブランドを含む有形無形資産の93%を共同所有している。タオ氏は最近、チュングエンに戻って経営に参画することは事実上無理だとして、裁判長充てに、チュングエングループにおける夫妻の資産の共同所有権を保護するよう緊急の仮決定を求めた。
タオ氏は、婚姻中の夫妻や会社の資産は、共同で形成して所有していたため、それぞれに同じ権利をもっており、裁判所が最終的な判断を下すまではどちらかが一方的に資産に変更を加えることは避けるべきだと主張している。
(2月6日付Zing)
https://news.zing.vn/vo-chong-vua-ca-phe-trung-nguyen-tiep-tuc-keo-nhau-ra-toa-post817751.html