ホーチミン市税関幹部、収賄で訴追

ホーチミン市人民裁判所は9月20日、ホーチミン市税関局通関コントロールチームの元幹部グエン・チュオン・ズイ(49)被告の公判を、関係者不在のため延期した。ホーチミン市人民裁判所は8月14日にもズイ被告の弁護士の申請により裁判を延期している。
ズイ被告は2015年12月29日、海外から帰国直後に空港で緊急逮捕された。逮捕は内部通報がきっかけて、家宅捜索により総額9億6,400万ドン(約460万円)が入った64通の封筒が見つかっている。
ズイ被告は2014年9月から逮捕に至るまで、密輸や不正貿易を取り締まる通関コントロールチーム第1グループの地位を悪用し、企業や通関代行サービスから賄賂を受け取り、貨物の検査を見逃していた。2015年12月21~29日には、50の企業・個人から総額5億4,200万ドンの賄賂を勤務先か自宅で受領していた。被告は収賄の事実を否定している。
またズイ被告は1990年代初めにアンザン省税関局に務めていたが不正な検査に関与し、解職されている。ホーチミン市税関局に復職した理由は明らかになっていない。
(20日付ベトナムネット)
http://vietnamnet.vn/vn/phap-luat/kham-nha-cuu-can-bo-hai-quan-loi-500-trieu-tien-nhan-hoi-lo-399755.html