交通警察、収賄動画の職員を停職処分

(c)Dan Tri

「職員の違反を容赦せず隠ぺいもしない」。ぜひこの言葉を守ってほしいと思います。

ハノイ市公安・交通警察(CSGT)PC67室の室長のダオ・ビン・タン大佐は、交通違反の取り締まり中に収賄を行ったとされる幹部らの停職処分を発表した。
交通警察の一部幹部らは、ズオン橋(ザーラム郡)、タイハー通り・新ホアンカウ通り交差点(ドンダー区)、グエンフォンサック通り・チャンクオックホアン通り交差点(カウザイ区)での取り締まりにおいて、交通違反者を賄賂と引き換えに見逃していた。収賄の様子を収めた動画がインターネット上で流出していた。
タン大佐によれば、報道を受けてすぐにハノイ市警察署長に幹部や職員の処分を報告した。またメディアには動画の内容について情報提供を求めた
さらにPC67は検査チームを設置し、報道された内容の確認に当たっている。もし幹部の違反を発見すれば、検査チームは規定に沿った厳格な処分を検討する。また全職員を集めて再発防止を求めた。
タン大佐は「職員の違反を容赦せず隠ぺいもしない。調査後、規定にそった処分を報告する」と強調している。
(3月13日付ザンチー)
http://dantri.com.vn/xa-hoi/ha-noi-dinh-chi-cong-tac-cac-csgt-nhan-tien-lam-luat-20180313143242275.htm