保健省、大臣辞任の噂否定

(c)Vietnamnet

グエン・ティン・キム・ティエン大臣が辞表を提出したという情報について保健省は、「悪意ある噂」として否定した。
ティエン大臣は、医薬品流通企業VNファーマが9,000箱の偽のがん治療薬を輸入したという公判中の事件に親族が関連していたとの情報が出回っており、ネット上ではティエン大臣が辞表を提出して受理されたとの噂が広がっていた。
保健省は8月24日、省や保健大臣の名誉を汚す間違った根拠のない情報を流布した場合に厳格に処分するとともに、裁判所による判決後に違法行為に関与した組織や個人は厳格な処分を下すとの声明を発表した。また保健省関係者は、ティエン大臣の辞任について「悪意ある根拠がない噂」と否定した。
VNファーマは2014年に出所不明の偽のがん治療薬9,000箱を輸入したとして摘発された。また捜査の過程で、医師に手数料を支払うことで病院の入札案件をいくつも受注していたことが分かっている。
一部のネット上では、ティエン大臣の夫の弟がVNファーマの副社長として病院との関係を取り仕切っており、VNファーマのグエン・マイン・フン元社長とティエン大臣との間に癒着があったとしている。
ティエン大臣は、閣僚では唯一、共産党中央委員ではない。VNファーマによる不正へ関与した可能性が問題となり、2016年1月の党大会で中央委員に選出されなかったとの見方もある。(24日付ベトナムネットなど)
http://vietnamnet.vn/vn/thoi-su/chinh-tri/tin-bo-truong-y-te-nguyen-thi-kim-tien-tu-chuc-la-tin-don-ac-y-394904.html