7区のバーで楽物乱用、60人以上を拘束

(c)Bao Cong An

過去最大規模の摘発だそうです。

12月24日未明、ホーチミン市7区公安は同区レーバンルオン通りにある「バー396」で数十人が麻薬を乱用していたとして捜査を進めている。
捜査に先立ち、ホーチミン市公安の犯罪防止キャンペーンに基づいて7区公安指導委員会は麻薬取締チームに、関係部署と連携してバー396の捜査を指導するよう指示していた。バー396は地元では有名な盛り場だった。
12月24日午前0時30分、7区公安数十人が強制捜査に踏み入り、数百人がダンスフロアで踊っているのを発見した。公安の捜査に気づいて客らは、店から逃れようとしたが拘束された。
捜査の結果、86人が麻薬乱用の疑いがあり、また身分証明書を提示できなかった。さらに薬物検査の結果、62人が陽性で、うち52人が男性、9人が女性だった。
7区では過去最大規模の麻薬使用の摘発で、使用者は若く、ほとんどがダンスフロアで麻薬を利用していた。また19人が北部出身者だった。
7区公安は現在、バー店主と違法麻薬の利用者の処理を進めている。
(12月24日付バオコンアン・タインフォー・ホーチミン)
http://congan.com.vn/vu-an/tphcm-hon-60-dan-choi-phe-ma-tuy-trong-quan-bar-luc-rang-sang_48954.html