森林44haを違法伐採か、チップ工場を捜査

(c)Dan Tri

ビンディン省は省内アンラオの森林43.7ヘクタールが違法に伐採された事件について、省検察に捜査をするよう告発した。森林保護当局は並行して、森林を伐採した疑いがある木材チップ加工工場への調査を続ける。
ビンディン省森林保護支局は9月15日、アンラオ郡アンフン村の天然林が伐採されたとして刑事事件として告発すると発表した。グエン・テー・ズン副支局長によれば、省検察に告発手続きを行い捜査を求めるという。
またホイニョン郡森林保護局のグエン・ホン・タン副局長は、ホアイソン村トゥオンソン村落のチュオンタオ総合投資営業社の木材チップ加工工場に保管されている木材を調査していると明かした。
同工場内の木材はアンフン村内で違法に切り倒された疑いが強く、26.6立方メートルの材木などからなる。タン氏は「既に材木を差し押さえており、切り倒された場所や所有者について調べている」とした。
(15日付ザンチー)
http://dantri.com.vn/xa-hoi/khoi-to-hinh-su-vu-hon-43-ha-rung-tu-nhien-bi-xoa-so-20170915153133763.htm